サンエコロジーリサイクルシステム毛布|官公庁向け災害用環境毛布

ホーム>事業案内>官公庁向け災害用環境毛布>サンエコロジーリサイクルシステム毛布

サンエコロジーリサイクルシステム毛布

サンエコロジーリサイクルシステム災害用備蓄毛布

ケミカル方式製品一覧
ますます環境問題がクローズアップされるなか限りある地球資源を大切に使用し、次世代に胸を張って橋渡しできる様に資源の枯渇が近い将来には現実になろうとしている今、環境問題を抜きにして地球の将来を語ることはできません。すなわち美しい地球の将来を守るのは私達自身です。ここでは、サンエコロジーリサイクルシステムの2種類の製造方式によって生まれた災害用備蓄毛布をご紹介いたします。

● サンエコロジーリサイクルシステムの流れ

回収した毛布をもう一度、下図のようにポリエステルまたはアクリル系原料等へリサイクルします。

サンエコロジーリサイクルシステムの流れ

● 認定ネーム

認定ネーム
サンエコロジーリサイクル製品には認定ネームを縫い付けます。
回収時には指定シールを貼り付けます。

● エコマーク

エコマーク
エコマークとは、財団法人日本環境協会エコマーク事務局が日常生活に伴う環境への負担の低減などを通じて環境保全に役立つと認められる商品に与えられるマークです。

● ケミカル方式

保証期間を経過した毛布を分解し、ポリエステル等ペットボトルの分解における溶解炉で溶融し不純物を取り除き、再ペレット化し通常のリサイクルポリエステル製造工程を経て元のリサイクルポリエステル綿に戻します。再生成された綿より、再度毛布を織り直す方式です。

ケミカル方式製品一覧

● マテリアル方式

保証期間を経過した毛布を分解し、繊維の風合いを元どおりにする加工を行い再び製綿化します。製綿化された綿を通常の紡績工程に移行し元の毛布に織りなおす方式です。

マテリアル方式製品一覧

お問合せ・資料請求

お気軽にお問い合わせください

お問合せ・提案資料請求

このページを印刷する

丸竹コーポレーションの環境対策

  • グリーン購入法(環境物品調達法)及び循環型社会形成推進基本法(拡大生産者責任)適合地球温暖化会議京都議定書による地球環境安全対策要綱の観点から、地球環境への負荷を考慮しISO14001 環境シリーズ&ISO9001 技術シリーズ認証取得工場で製造加工されたものとする。
    また真空パック梱包加工&クリーニング洗浄加工においては太陽光発電に依る電力が 100%使用された加工工場であるものとする。(年間予想発電量30,000kwh)
  • 京都議定書による政府削減枠の反映購入
    カーボンオフセットCO2 換算排出量(毛布1枚当たり250グラム)
    *ご購入頂きました数量に応じてカーボンオフセット購入証明書(カーボンパス)を発行させて頂きます。
  • 製造及び加工段階で発生する繊維屑等の排出される廃棄物処分についても環境に配慮し て、当該各自治体の廃棄物再生事業者の認可を受けた適正処分事業者及び製造加工工場 であることとする。
    認定等 【大阪府なにわエコ良品認定、(財)日本環境協会エコマーク認定、(財)ペットボトル協議会推奨マーク認定
  • 当社の太陽光発電システムの写真を見る

▲ このページのトップへ戻る