事業紹介

SERVICE

バンカーフィルターシリーズ

バンカーフィルターシリーズ
​MTPタイプは、スパンポンド製法による長繊維不織布です。優れた強度、耐候性、耐薬品性を兼ね備え、優れた透水性、フィルター性能、土砂のセパレーション効果を長期に渡って持続する画期的なフィルターです。トンネル工事等では人的省力用にマジックテープ接着によるスパンポンド製品と一般品の2種類があります。

仕様表は横にスクロールしてご覧ください。

品番
(m)
長さ
(m)
目付重量
(g/m2)
厚さ
(mm)
引張強度
(kg/5cm)
(kgf/5cm)
伸度
(%)
密度
(g/cm3)
MKP-100 1:2 100:200 100 1.0 176(18) 65 0.1
MKP-150 1:2 100:200 150 1.5 323(33) 65 0.1
MKP-200 1:2 50:100 200 2.0 441(45) 65 0.1
MKP-300 1:2 50:100 300 3.0 637(65) 65 0.1
MKP-400 1:2 25:50 400 4.0 882(90) 65 0.1

一般土木用不織布の設計例

暗渠排水フィルター材(セパレーション)
  1. 栗石、砂利層への細粒土砂進入防止。
  2. 有孔管のめつまり防止。
  3. 盛土材のめり込み防止。(分離、フィルター材)
  4. 工賃が安く経済的である。(砂層を省略できる。)グランド、学校、宅地造成、仮説駐車場等。

軟弱地盤補強工法
  1. 水シートの保護を行います。
  2. クッション材として使用できます。
  3. 背面より排水を行います。

盛土補強工法
  1. 客土搬入量減少による工期短縮軟弱な路床と客土との分離効果。
  2. 作業重機のトラフィカビリティ確保荷重分散効果。
  3. 路床の早期安定化水平ドレーン効果による圧密促進効果。(道路確保、仮説道路など)

法面保護・暖衝保護材

アスファルトやインターロッキングブロックの下にバンカーマットを敷設することで、リフレクションクラックの防止、圧密水の排水、トラフィカビリティの確保、そして不陸の防止などに効果を発揮します。

道路・歩道の安定
  1. 引張補強材として働き、盛土のすべり抵抗の増大を図る。
  2. のり面付付近の締固めを容易にし、層圧管理材の役目も果たす。
  3. 盛土内浸透水および、のり面の排水材として用いる。

法面保護・暖衝保護材
  1. 護岸工事
    水流による洗掘防止、栗石て堤体内への土砂侵入防止。(吸出し防止)
  2. 河川工事
    築堤のり面の侵蝕防止。

事業紹介へ戻る