新年度のご挨拶と役員改選のご報告

陽春の候、皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
また、平素は格別のご高配を賜り心より厚く御礼申し上げる次第であります。
お蔭をもちまして、先般 平成二十八年度も滞りなく期末を迎えさせて頂くことが出来ました。

これもひとえに皆様方を始め関係各位のご支援の賜物と深謝申し上げる次第であります。

さて「第二の創業」をスローガンに掲げて行ってまいりました経営改革も三年目を迎えました。
当初は3年間で一区切りと考えていた経営改革ですが、改革を止め現状で良しとしてしまうと、そこから衰退に向かって行くと考えました。
そこで、経営改革を永続的に行うことに変更致します。
そのためスローガンを「たゆまぬ経営刷新・挑戦の継続」へと移行することに致しました。
変わり続ける経営環境に対してアンテナを高くし、敏感に様々な施策を講じ、時代と共に変化し続けなければ、企業の未来は無いと感じております。
身の丈を考慮しつつも失敗を恐れず、一切先送りせず、経営の刷新を繰り返し、毎年毎年が創業だという意気込みで、精進を重ねてまいります。

さて、この度 下記の陣容を持ちまして役員の改選を行いました。
役員一同、尚一層精進を重ねてまいる所存でございます。
なにとぞ倍旧のお引き立ての程、役員・社員一同と共に伏してお願い申し上げる次第であります。

 

 

代表取締役社長 立花 克彦
専務取締役(事業部統括) 西村 毅(新任)
取締役(テキスタイル事業部) 上田 孝典
取締役(フェルト事業部) 立花 則夫
執行役員(リラグゼーション事業部) 立花 和美(新任)
フラワーホーム施設長(シニア事業部) 藤本 昌稔(新任)
常任監査役 小山 純子(新任)

 

平成29年4月吉日 丸竹コーポレーション株式会社 代表取締役社長 立花 克彦

戻る

カテゴリー
事業
会社
社会貢献活動
バックナンバー